Cielo(チェーロ)とは、イタリア語で「そら」 大好きなそらを眺めていると、ホッと心が落ち着きます♪ そんなゆったりとやすらげる時間を大切にして、楽しい毎日を目指すaromacieloことMIKINOの日々。


by aromacielo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『らん』です♪

e0159860_2325058.jpg


ここに登場するのは、初めてだったんだな〜と…。
実家のキャバリア、『らん』です♪

そして写真を探していたら、ずいぶん『らん』の写真を撮っていなかったことに気づくことになりました。

ブレイブとの2ショットを撮ろうと試みますが、なかなか…(^^;)

でも、他の動物などをブレイブは嫌がるけど、『らん』には一目おいていたようです。
時々、らんがご機嫌でシッポ振り振りしていると、そばにいたブレイブの顔にかかって
「シャーッ」と怒ることもありましたが、けして向かって行くことはありませんでした。

『らん』は、とっても優しく気遣いのする女の子。
いや、今ではおばあちゃん(笑)

そんな『らん』のお母さんは心臓が悪く、それをうけついでしまいました。
心臓が大きくなり、先週の火曜日に入院。

父は、病院に行って一緒に帰って来れると思っていたようです。
目の前で調子が悪くなっていって、口に機械をつけられてもどしたり…。
それを見るのが辛かったと…。

そして、大きくなった心臓が肺を圧迫して水がたまり心肺停止。
でも、蘇生してなんとか生きようとしていました。
キャバリアが蘇生する確率は、かなり低いようです。

「大丈夫、生きることを選択したんだから!」
そう信じていました。

でも、今日の夕方息をひきとりました。
13歳とちょうど6ヶ月。

夜、ケーキをもって会いに行きました。
『らん』の新しいスタートのお祝いに。

いつもと変わらないキレイな顔をしていました。
冷たくなっていたけれど、体に触れていると伝わるものがありました。







『らん』は自分できちんと選択したんだと…。
これ以上、自分も苦しんだり、周りを心配させたり苦しめることをしたくなかったのです。
入院すれば、お金もかかる。
たとえ退院しても、介護させることの大変さもわかっていたから。

さすがだなって思いました。

自分を大切にして、周りの人への配慮もして…。
なでながら思わず「最後まで、気を使いすぎだよ…」と声をかけずにいられませんでした。


大丈夫、噂ではこちらの世界の方が大変なことが多くて、天国の方が痛みもなく
楽しいことがいっぱいだときくから、それを信じよう♪

病院の先生たちもお休みの日や夜でも、見守っていてくださったようです。
設備も良くて、遠くからでも来るそうですよ。

うちの両親も、病院がそこで本当によくしてもらって良かったと言ってました。
特別にこの連休も面会を許可してくださったそうです。
ありがとうございました。
最後に立ち会えなかったようですが、連休中毎日会えたし、午前中も会えたようです。


とがさき動物病院
専門家の監修のもと、全国の「信頼できるペットの名医(獣医師)55人」にも選ばれる病院だそうです。

大切な家族の一員のワンちゃん、ネコちゃん。
いざという時に、本当に頼れる病院をさがしておくことって大切ですね。
最後を向かえた時に、やるだけのことをしてあげられた、してもらえた…と
思えることは、その後の家族のココロのケアにもつながると思います。

両親も、「おやつ3袋も買ったばっかりだったな…」なんてボソッと言ってました。
これからが、いろいろな思い出の品を片づけて行く大変さがあるのかなと思います。
でも、『らん』の気持ちを考えて、早く前向きになってくれることを願っています。


今日の写真は、後ろの方にお気に入りだったおもちゃと一緒に写っていて
しっぽ振り振りの写真だったので、選んでみました♪
でも、右隅のベープはご愛嬌(笑)

読んでくださってありがとうございました!
[PR]
by aromacielo | 2010-03-22 23:56